2006年7月28日 (金)

人情味あふれるクレタ最後の1日

とりあえず、無事に帰ってきました。日本に。

一番旅らしかったのは最終日のクレタ島。本当に人情味あふれる楽しい1日でした。

その日向かったのはクノッソス宮殿とともに島で重要な遺跡フェストス。見に行った。しかし、帰りのバスがあと1時間無い。で、遺跡の売店のカフェでご飯にでもしようかとおもっていたら、地元のおじさんが車に乗せてくれるという。ちょっと迷うが、せっかくなので乗せてもらう。どうせ道は1本しかない。変なところに連れ去られようもないし。

で、一番近い町に下ろされる。私の次の目的地はゴルティス遺跡。おじさんは「この道をまっすぐ5キロくらい行ったらゴルティスだから」

・・・えー、この炎天下の中5キロも歩くの~??

と、びっくりしつつ、バスは1時間はこないし、覚悟を決めて歩くことに。道すがらギリシャ料理の串焼きを買い、串焼き食べ歩きながら、さえぎるものの何もない日差しのもと歩く。途中、写真を撮り歩いて、歩くのもなかなか良いと思ったり。でも、やはり5キロは長い。そうしているうちに、1台の車が停まってくれる。で、ゴルティスに行くというと、やはり乗って行けと。

で、今度は迷わず乗る(笑)。車に乗せてくれたオジサンはそこからゴルティスの歴史やクレタの歴史について色々教えてくれました。で、ゴルティスについたら、おじさんは「自分は考古学者だから」と自分のみならず、私までごり押しで観覧料をただに。しかも、「50分たったら用事を済ませて、迎えに来るからイラクリオン(私が滞在していたクレタ最大の港町)に送ってあげるよ」とのこと。

結局、50分後、ゴルティス遺跡のすばらしいガイドをしてくれた挙句、車で送ってくれました。

が、途中5分コーヒーを飲もうと、彼の会社の工事現場の横にあるタベルナ(ギリシャの食堂)に立ち寄る。で、5分が1時間半(笑)。お店の人や工事のおじさんや、建築士さんと一緒に、ギリシャの郷土料理を食べました。食べ終わるころに、このあたり一帯の村の村長さんがやってきて、おごってくれました。で、最後にはまた出てきました。つよーいお酒ハラキが(笑)。

で、これがおじさんたちの和やかなタベルナの風景。一番右が車で送ってくれたおじさん。学者さんだそうです。その左が村長さん。真ん中の二人はお店のかたで、左の二人は工事現場のかた。ちないに一番左の方はクルド人だそうです。

Dsc_0138

で、その後、ホテルに送ってもらったんですが、さらに、フェリーが出る前にまた迎えに来て港まで送ってくれるとのこと。で、港に行く前に城壁の上にある哲学者「ニコス・カササギ」(って私には聞こえた)さんのお墓からイラクリオンの町を一望して港に送ってもらいました。

Dsc_0162_2

最後に、おじさんの詩集(←ギリシャ語)を頂き、見送られてフェリーに乗り込みました。なんだかとても心温まる1日。良い旅の終わりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

クレタ島の地酒

一人旅に出ると、強いお酒は万が一を考えて避けている私ですが、今日はクレタ島でつよーい地酒を頂きました。そんなつもりは毛頭なかったのですが(笑)。

今日は一日クノッソス宮殿を見学したり、ヘラクリオン(クノッソスの最寄りの大きな街)の町中を歩いたり、イコンと呼ばれるギリシャの宗教画を観たり、教会を見学したり、教会を眺めながらカフェで深夜特急を読んだり(笑)。
で、その後、一旦ホテルに戻って涼しいワンピースに着替えて、8時頃港に出発。ギリシャのサマータイムでは8時半くらいが夕暮れです。港でサンセットを観るべく出発。

で、サンセット後、港の前のタベルナ(ギリシャの比較的安めの大衆的なレストラン)でディナータイム。ギリシャのサラダと、サガナキと呼ばれる郷土料理、そしてこのレストランで初めて見たギリシャのビール。ギリシャのビールは今まで2種類飲んでいたのですが、ここで3種類目。初めてのです。これが一番ビール味が濃くてドラフトっぽくて良い。でも、名前は分からなかったです。写真を撮ったのですが、そのデータが何処か探すのがちょっとめんどうなので、また今度。とりあえずMythosという一番よく出会うのは味が薄くてイヤです。発泡酒っぽい。で、気に入って飲んでいたのがAMSTEL。これはなかなかビールっぽい。今日のはもっとビール的な濃さ。

で、食事とビールが終わって会計を頼んだ所、店員のお兄さんがデザートにフルーツをサービスしてくれるとのこと。で、お言葉に甘えて、待っていたら、フルーツと一緒に”ハラキ”と呼ばれる、クレタ島の地酒が。で、一口飲んでみたら、「うわー、きたぁ」っていう強さ。ガイドブックを改めて開いてみると、書いてあるアルコール度数40度。ストレートですよ(笑)。でも、実はまだ代表的なギリシャ地酒ウゾも飲んでいなくて、今日は飲んじゃおうかどうか迷っていた私だけに、思わず「今日は飲むか」と度数とやって来た小瓶のお酒の量を眺めて判断した私でした。

その間、お酒を出してくれたお兄さんとトークしつつ、1時間かけて全部飲みました。結局勧めてくれたお兄さんもすっかり"You are strong!"と変わらない私の顔色を見て感心。でも、お兄さん、私は決してお酒日本代表ではないので、次回来た日本人にはお手柔らかにね、と思いつつ、美味しい地酒とフルーツピールの砂糖漬けの組合わせに、なかなか良いねと思った私だったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

アテネまで

この旅、日本を出発したのは7月16日深夜のことでした。
カタール航空で関西国際空港から出発。

Kanku_1

続きを読む "アテネまで"

| | コメント (2) | トラックバック (0)