« 横浜でジャズ&インプロの一日Part1 | トップページ | 京都ぎをん 和Raku »

2006年10月12日 (木)

曲の力?それとも偶然?

ここ数年、顕著になったことがあります。
それは、CDを買ったり、借りたりしても曲のタイトルをまったく覚えない、ということです。
CD持ってきて、iTunesに入れて、iPodに移して、毎日あちこちで聴いて。なのに曲名を覚えない。
だから、ライブに行っても「あー、知ってる」「この曲大好き」、「でもタイトルわかんない」というのが通常です。
さて、これは前置き。本題は先日の横浜インプロ音楽祭での出来事。

・・・・・・・・・・・・・・・

CDでもライブでも何度も聴いているけど、曲のタイトルの分からない曲をライブで聴く。

「雨の日に家の中に居ると、どうしてこんなに幸せなんだろう?」
昔付き合っていた人が、ある春の小雨の降る日に言っていた言葉を思い出す。
ーああ、あの人は温かい雨みたいな人だったなぁ。
ふと、何故だか曲を聴きながらそんなことを思い出す。

曲が終わって、バンマスから一言。
「"小さい雨"という曲でした」

あぁ。これは雨の曲だったんだ。
あの雨の日と、雨のような彼のことを思い出したのは曲の力なんだろうか。それとも偶然?

ただ、言えるのは、普段以上にその日のライブには力があったということだ。

|

« 横浜でジャズ&インプロの一日Part1 | トップページ | 京都ぎをん 和Raku »

コメント

5月くらいに降るしとしとと静かな雨、
夏のコンクリートに残る、雨のにおい、・・・

「温かい雨のような人」ですか、
不思議な響きですね。

投稿: いいですね。>温かい雨。 | 2006年10月13日 (金) 21時33分

コメント、ありがとうございます。

雨も、季節や状況で色々な表情があるから。
きっと、温かい雨は5月くらいにしとしとと静かに降る雨のイメージに近いかもしれません。

投稿: あき | 2006年10月13日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/3774581

この記事へのトラックバック一覧です: 曲の力?それとも偶然?:

« 横浜でジャズ&インプロの一日Part1 | トップページ | 京都ぎをん 和Raku »