« ”奇跡の野菜”あしたば情報求む Part1 | トップページ | あしたば納豆オムレツ »

2006年9月 8日 (金)

名が世に出ること、出ないこと

今日は一日、ケータイが鳴りっぱなし。
もちろん、通常の仕事をしているから電話には出られないので、正確には不在着信と留守録の嵐。

色んな人が振り回された一日。

電話をかけてきた人もふりまわされていた。
かかってきた私も振り回される。

で、話は二転三転して、結局、私自身としては結果として納得のいかないことをしないですんだ。ちょっと情勢が変わったら、納得もいかないで喋らなければならなかったかもしれない。少なくとも夕方まで、そんな情勢だった。

マスコミなんて怖いよねー。

言葉を一対一で伝えるのだって大変なのに、それに一つ媒介をはさんで何千人、何万人の人に言葉が届くのだから、私の言葉が違った意味で伝わってしまう可能性は高いわけです。さらに、そこに介在する者の意図があまりにも大きい場合もあるのです。
しかも、みんなそんな媒体を有り難がって特別に考える。もちろん、宣伝効果があるからなんだろうけど。昔からマスコミはきらい。見ててとても腹の立つことが多い。今も昔も。

だから、駆け出しの私が語るにはあまりに早すぎる媒体。自分の名と肩書きで発信されることと、その影響に責任を持つ力がないのだから。

そんなわけで、某雑誌の取材依頼、回避できて良かった。

嘘はいや。建前を口にするのは、一瞬の我慢にしたい。身近なことに対処する小手先の処世術に留めたい。嘘も方便って、可愛く笑える範囲にしたい。
沢山の人に言葉の伝わる媒体ではいや。

一方で。多分半年後にはその成果が公に公表されるだろう仕事の話も今日はあり。実は結果次第ではとてもとても世に大きな影響を与えるかも知れない仕事。沢山の人がそれに関わっている中で、下っ端として働かせてもらっているお仕事。

下準備で自分がこだわったこと、提案したこと、ちゃんと理解して頂いて、現状意図通り進んでます。私の名前なんて一言も世にはでないけど(笑)。ちゃんと見ててくれるひとは見ててくれるんだって。だから、まず身近で見てる人に信頼される仕事がしたい。

「このおかげで、現場の支援団体の方々にも好評頂いて、積極的に"手を使って"、"手間をかけて"協力してもらってますよ」

今日のその報告が本当に嬉しかった。

私は顔も知らない人がいっぱいいて、それで動いている大きなプロジェクト。でも、その中心に無関係な第三者の世論に動かされた単なる小手先の対処だけではなく、当事者や家族、真剣に支援をしている人たちに、少しでも本当の意味で役に立ちたい、そんな想いを持っている人がいっぱいいる。もちろん、私もその一人。
それが”ほんのちょっと”は伝わったかもしれないし、これからもそうした想いを受け取ってくれた人の”手”を通じて、さらに広がっていくかもしれない。そして、想いとともに、少しでもそれによって一歩を踏み出せる当事者が増えますように。

大きなプロジェクトだからこそ、シンプルに。「あなたの役に立たせて下さい」。そんな想いが伝わる手渡しってとっても素敵。人と人の基本じゃないでしょうか?

沢山の人を相手にする時も、一人の人間を目の前にする時も細心の注意で伝えたい。

一人入魂。一事入魂。

名前が世に出るのも良いでしょう、でもそれが必要かと言われれば今の私にも、将来の目指す方向にも、それはまるで必要がない。
沢山の人に言葉を伝える事が必要かと言われれば、そういうことはもっとそれに適任なやるべき人が居る。私はそんな結構なことより、一人一人に少しでも確実に想いを伝えることを考えるべき時である。

明後日は約1月ぶりのN響。週末気苦労が減ってなおのこと晴れやかに!
でも、あれ?今週はマーラーの9番。晴れやかかな?晴れやかじゃない・・・。少なくとも先輩A氏にもらったCD聴く限り晴れやかじゃない。
うーん!とにもかくにも素晴らしい演奏でありますように!!

|

« ”奇跡の野菜”あしたば情報求む Part1 | トップページ | あしたば納豆オムレツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/3361401

この記事へのトラックバック一覧です: 名が世に出ること、出ないこと:

« ”奇跡の野菜”あしたば情報求む Part1 | トップページ | あしたば納豆オムレツ »