« お詫び | トップページ | さんまとドライトマト+あしたばのパスタ »

2006年9月20日 (水)

マイペースと止まり方

「世の中が高速回転で動いていて,一度そこからなんとなく外れちゃって,どう戻って良いかわからなくなっているのがひきこもりの人なんじゃないかしら?」

昨日,あるひきこもり支援のNPOの方とお話していたときに出てきた言葉。元ネタはひきこもり支援の第一人者・斉藤環先生ですね。

そういえば,同じ心理職の友だちも何かの時に人混みの喩えをしてました。

「人混みの中でうまく歩けなくて,いっそ止まってみたんだけど,やっぱり人にぶつかっちゃって。歩くのも,止まるのも下手みたい」

そんな話でした。

なんか,世の中とっても速くて,その中で自分のペースで生きていくのはとっても大変。「再チャレンジできる」っていうのも大切なんだけど,そもそも世の中みんなが歩幅とスピードそろえて,高速で走って行かなきゃいけないこと自体,なんか変だよって思うのです。少なくとも沢山の人たちが高速で走っていかないといけないのに,自分はその中に入っていけない,と生きずらく感じている状態はかなり変だと思うのです。

そんなに急いでどこにいくの?

|

« お詫び | トップページ | さんまとドライトマト+あしたばのパスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/3509641

この記事へのトラックバック一覧です: マイペースと止まり方:

« お詫び | トップページ | さんまとドライトマト+あしたばのパスタ »