« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

『夕焼けの向こうへ」

さりげなく、右の毎フォトの所のケータイ写真館に写真を1枚追加してみました。

「夕焼けの向こうへ」

ちょこっとずつアップって、絵日記みたいで案外楽しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

うわさ

うわさ話はあてにならないものです。

今日偶々目にしたネットの書き込み。嘘ばっかりまことしやかに書いてあった。びっくり。自分が状況をよく分かっているものについてだと,いかに話が大きくなっていくかとか,いかに誰かがちょこっと邪推したことがあたかも現実のように伝わっていってしまうかがよく分かる。なんだかその情報を信じている人には気の毒だけれど,笑ってしまった。

「そんなはずないから!!」

って,つっこみそうになる。

けど,気をつけないと怖いってことだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

さよならから、はじまること

昼間ラヂオを聴いていたら、たまたまハナレグミの永積タカシさんが出ていて、スタジオライブで、色々歌っていました。流れてきた、サヨナラCOLOR。

"そこから旅立つことは とても力がいるよ"
”僕を忘れても いいけど自分はもう はなさないで”
”サヨナラから はじまることがたくさん あるんだよ”

とても大好きな歌。大好きな声。

そうして夕方に来たクライアントさん。2年半関わってきた方です。そして、今日が私の勤務する相談機関へは最後の来談。さっき聴いたばかりのサヨナラCOLORが頭をよぎりました。

”サヨナラから はじまることがたくさん あるんだよ”

これからも順風満帆ではないだろうけれど、これからの彼の人生にたくさんの幸せが訪れますように。今まで真面目すぎるほど真面目に、一生懸命生きてきた方だけに、「正直者はばかをみる」という世間の不条理を痛切に感じてきたケースでした。だから、頑張れ!よりも、「素敵な出会いとチャンスに恵まれますように」と祈る気持の方が大きいお見送り。

「しんみりしちゃいけないですね」

彼は、そう言ったので、私たちも笑顔でお見送り。

心理のお仕事は見送ることが仕事です。絶対なんてないから「これでもう大丈夫」なんて、どんな人でもありえない。最後はただ、去っていく背中に彼ら彼女らを信じ、幸運を願う事しか出来ない。これから起こることに寄り添うことはできないし、むしろ相談機関で相談していた事なんて彼ら彼女らは振り返りたくもないかもしれないけど、笑って見送った背中をいつまでも私は覚えていて、幸運を願っていようと思います。

”僕を忘れても いいけど自分はもう はなさないで”

見送ることが、最大の喜びの時であるこの仕事。今日はとても感慨深い日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

ちょっと和んだ・・・

今日の朝,乗換駅で電車を降りると,こんな放送が。

「遺失物,柔道着。遺失物,柔道着」

うーん。別に変じゃないんだけど,なんかちょっと笑えて,和んでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真のテクニック

あきはD200というカメラを使っています。

このカメラについてちょっとした調べモノをしようと思って,ネットサーウィンしてたら,出てくる,出てくる,D200で撮った写真。

いやー,皆さん上手ですねー。テクがあるっていうか?綺麗な写真だねー。どうやって,これ撮るんだろう?とか(笑)。なんかフィルターつけてんのかな?とか(笑)。

私は写真を撮り続けて10年になるわけですが,テクニックという点では,かなりひどいものです。テクニックがあれば良いってもんじゃないですけど,無いよりはあった方がいいかなー?とちょっぴり,今一度写真の技術でもちょこっと勉強しようかと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ケータイ写真館

昨日、じみーに、右サイドにあるマイフォトの箇所に、新しいアルバム「ケータイ写真館」を追加しました。
普段カメラ持ち歩いていないので、心に留まった風景はケータイで撮っているのですが、それをちょこっとずつ足して行きたいと思います。

昨日はとりあえず一枚。
"26:00, Tokyo"
を追加。

また、更新したらこちらでもお知らせするので宜しければ見て下さい。

しっかし、本日は朝が早くて、移動が多くて、移動距離が長くて、最後は講師の仕事で立ち仕事で、朝から晩まで足を使って、足の疲れた一日でした。疲れたー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パラドックス定数「38℃」

「まず最初に伝えておく。
 我々に交渉は通用しない。
 此処には58名の人間がいる。
 我々の仲間でもないし人質でもない。
 この先どうなるかは全てそちら次第だ。 
 今はこの状況だけを頭に叩き込んでおけ。

 閉鎖された病院の一室。
 三人の医師と三人の制圧者。
 そして物言わぬ殺人ウィルス。
 致死率84.7%」

昨日は、渋谷spaceEDGEにて、劇団パラドックス定数の"38℃"、見て来ました。

以前にもここの作品は観に行った事があって、非常に私好みで感銘を受けたのですが、今回もよかったですね。

続きを読む "パラドックス定数「38℃」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

ありがとう!

昨日、9月24日は私の20代最後のお誕生日でした。

お祝いして下さった研究会の皆様、カードやメールをくれた皆さん、本当にありがとう!
今年1年も元気に頑張りますのでこれからもよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

さんまとドライトマト+あしたばのパスタ

この時期の旬のお魚・秋刀魚(さんま)。

さんまを使って,あしたばのメニューを作ってみました。今回はフレッシュトマトではなく,ドライトマトを使って,全体をさっぱりかつトマトのお味は濃厚に仕上げてみました。

【材料】
パスタ,さんま,ドライトマト,あしたば、タマネギ、にんにく,鷹の爪、イタリアンパセリ、バジル,オリーブオイル,薄力粉,塩、こしょう

続きを読む "さんまとドライトマト+あしたばのパスタ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

マイペースと止まり方

「世の中が高速回転で動いていて,一度そこからなんとなく外れちゃって,どう戻って良いかわからなくなっているのがひきこもりの人なんじゃないかしら?」

昨日,あるひきこもり支援のNPOの方とお話していたときに出てきた言葉。元ネタはひきこもり支援の第一人者・斉藤環先生ですね。

そういえば,同じ心理職の友だちも何かの時に人混みの喩えをしてました。

「人混みの中でうまく歩けなくて,いっそ止まってみたんだけど,やっぱり人にぶつかっちゃって。歩くのも,止まるのも下手みたい」

そんな話でした。

なんか,世の中とっても速くて,その中で自分のペースで生きていくのはとっても大変。「再チャレンジできる」っていうのも大切なんだけど,そもそも世の中みんなが歩幅とスピードそろえて,高速で走って行かなきゃいけないこと自体,なんか変だよって思うのです。少なくとも沢山の人たちが高速で走っていかないといけないのに,自分はその中に入っていけない,と生きずらく感じている状態はかなり変だと思うのです。

そんなに急いでどこにいくの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お詫び

ここ数日,ブログが止まってたのみならず,メールとかメッセージ全部止まっちゃってました。すぐにお返事出来なかった皆様,もうしわけありません。

これからも懲りずによろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

基本と技法ーシンプルと言うことの難しさについてー

最近,大学院の修士1年の時に読んでいたような基本書が非常に面白いと思ったりする。

修士1年の時に読んだ書は,知識の書もあるが,むしろ臨床面接の”筋”を学べるものもある。それは,一見シンプルで基本中の基本のように見えて,非常に奥深い。

あれから沢山の技法を学び,現在もその学習は進行中であるし,まだまだ至らないところもある。あるいは,これからさらに新しく洗練されていく技法もあろう。プロである以上,効果のあるとされるそれらの技法について学ぶのは責務である。

しかし,実際に臨床の場に出て数年たって,やはり技法というのは使うものであって,使う自分の中にしっかりとした筋がなければ,小手先のものに過ぎないとのだと言うことを実感する。クライエントに相対し,その人をみる,そして言葉を交わし,相手を理解しながら,その場を共有する,その一連の流れをしっかりとした基本の筋をもって臨まなければならない。良い臨床家ほど,その筋がしっかりしており,そこから自然に技法が効果的な形で利用できるのだろうと思う。

多くのものを学び,また人は個別具体であることをより深く知っていくにつれ,逆に基本が大切であり,シンプルに技法を用いることができるかが勝負であるような気がする。

それは,心理臨床だけではなく,多くの分野において言えることのなのでは?とも思ったりする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うさうさ占い

うさうさ占いっていうのをしてみた

私は「世話好きなみんなの姉御」らしい。

当たってる?

ちなみに,

「インプットを左脳、アウトプットを右脳で行う「さう」は、冷静な目配りで相手のキャラや場の空気をしっかりとらえながら判断するドライな部分と、相手の感情にきめ細かく寄り添いながらケアをするウエットな部分の両方を持っている人です。ドライさからくる男っぽさや責任感から同性からは「姉御」「師匠」として慕われることが多く、自然と人が集まってきます。ただ、ウエットな部分が昂じるとついつい他人のいらない世話を焼きがち。知らぬ間に必要以上にゴリ押ししていたりすることもしばしば。人見知りもしないので、飲み会などでもスムーズにうちとけて場をサクサク盛り上げていきます。いつの間にかさりげなくおいしいところを持っていくことも少なくありません。
物事を深読みしがちで、まわりの一言一言や世間体が気になったり、自分がどう思われているにも常にアンテナをはっています。特に自分が好きな相手の意見や振る舞いには内心ビビッドに反応し、すみやかに相手に合わせて評価や印象を良くしようと努力しますが、そのせいで自分を見失ってしまうことも。」

ですって。当たってるような,当たってないような?どうでしょう??

姉御じゃないわなー。キャラ的に。長女だけど。

でも,これに「+案外ちゃっかりマイペース」を加えると結構当たっている点も多い気もします・・・。ごり押しはしないけど。いや,してんのかな?笑顔で(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年9月13日 (水)

マーラーの9番

土曜日は1ヶ月ぶりにN響友の会してきました。

今回は

【指揮】若杉弘

【曲目】ウェーベルン/パッサカリア 作品1
   マーラー/交響曲 第9番 ニ長調

マーラー生演奏は初めてです。

なんか変な感じで,ウェーベルンはとっても短くて,「あれっ?」という間に,休憩に(笑)。で,その後のマーラーがものすごーく長い(笑)。

でも,マーラー良かったです。最後の第4楽章泣きそうでした。

すごく美しい曲なんだけど,だからこそとても悲しい感じ。この人はどこへ行っちゃうんだろう?って。っていうか,これを最後に死んじゃうわけですが。私にとっては,悲しいことを,静かに美しく表現するのはなお悲しい感じがします。

聴きに行く前と後で,先輩に曲や背景について色々聴いたので,理解も深まったわけですが,そう思うとなお自分の人生の様々な感情を美しい音楽に表現するということはすごいことだなー,と思ったのです。すごい才能ですね。

そうして,マーラーという人にちょっと興味が沸いたので,この3連休マーラーの伝記でも読んでみようかと思っています。あとCDも買いに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あしたば梅チャーハン

私の定番メニュー「梅チャーハン」のあしたばバージョンを作ってみました。

けっこう美味しいですよ。っていうか,むしろ毎日食べてたらあしたばに慣れてきたのかも?

これは,納豆オムレツとは違って,あしたばの苦みを爽やかにカバーして,美味しくあしたばを味わえるようにする組み合わせです。

他にも美容に良いと聞く梅干しやゴマなど(詳しくは後述),またまた美容にもばっちりなメニューですね!

続きを読む "あしたば梅チャーハン"

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2006年9月12日 (火)

「ケッコンしてみました」

っていうメールが、昨日来ました。

高校の時の友人から。

こんなタイトルのメールにサプライズ。
で、今、沖縄に住んでるらしい。(私たちは埼玉の高校に通っていたのですが・・・)
それにまたサプライズ。

彼女らしくて、笑ってしまう報告の仕方に妙に納得。
そして、ポンと仕事辞めて沖縄に行ってしまうあたり、不思議と違和感なく妙に納得。

お幸せに!だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ハチミツとクローバー」&大人になることについての雑考

ついに完結。ハチミツとクローバー。

いい終わりでしたね。

10巻かけて、5人の若者が大人になっていきました。そして、それを取り巻く大人たちは逆に素直に、大人ぶらなくなっていったのも印象的。全巻通して、宝物みたいな素敵な言葉がたくさんあった作品でもありました。

10巻通して読ませて頂いて、作者について思った事。
この人はきっと一生懸命生きてきて、そうして自分の生きて、見て、触れて、感じたことを、全力でこの作品に注いだんだろうなぁ、ということ。
生きていくと沢山傷ついて、痛みを抱えていくものですよね。そこから逃げたり、人のせいにしたりせずに、きちんと向き合ってきたんだろうなぁ、と思いました。だからこそ、こんな素敵な青春を書けちゃうんだろうな、って。想いが叶わなくて、それでも簡単に諦められなくて想い続けて、その痛みを自分で越えていって、叶わなかった想いの痛みと、取り返しのつかない日々の優しさと切なさとその大切さとを抱えて、大人になっていくこと。自分になっていくこと。
大人になるってそんな事なんじゃないかと。
お気楽に上手く癒されることなんてできなくて、直球で不器用なんだけど、きっとそうして生きてきた人は、素敵な大人になるんだろうな、って思うのです。

どんな分野の方でも、それなりの域に達している人は、人とか世の中がよく見えている人なんだろうなぁ、と思います。自分の筋でものをみていって、でも行き着く所はちゃんと他の人が聴いても納得のできるもので。そうして、これからも色んなものに触れたり、沢山の人と出会って対話ができたりすると良いなぁ、なんて思ったのです。





ハチミツとクローバー 10 (10)


Book

ハチミツとクローバー 10 (10)


著者:羽海野 チカ

販売元:集英社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

あしたば納豆オムレツ

あしたばメニュー第一弾は、”あしたば納豆オムレツ”を作ってみました。

あしたば、という灰汁の濃い野菜にさらに香りやくせの濃い食材を合わせるやり方で、あしたばのくせが変に目立つのを押さえるメニューだと思って頂ければ良いと思います。
食べてみた感想としては、あしたばの味が目立たない、ということですね。全然イケます。

ちなみに、レシピは昔anan(No.1283)で見た、納豆オムレツのあしたば応用バージョンって感じです。

続きを読む "あしたば納豆オムレツ"

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年9月 8日 (金)

名が世に出ること、出ないこと

今日は一日、ケータイが鳴りっぱなし。
もちろん、通常の仕事をしているから電話には出られないので、正確には不在着信と留守録の嵐。

色んな人が振り回された一日。

電話をかけてきた人もふりまわされていた。
かかってきた私も振り回される。

で、話は二転三転して、結局、私自身としては結果として納得のいかないことをしないですんだ。ちょっと情勢が変わったら、納得もいかないで喋らなければならなかったかもしれない。少なくとも夕方まで、そんな情勢だった。

マスコミなんて怖いよねー。

続きを読む "名が世に出ること、出ないこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

”奇跡の野菜”あしたば情報求む Part1

幼い頃日常的に食卓に上る食材のうち,最も嫌いなものの一つが「あしたば」でした。

近年,健康食品として美容面でも健康面でも注目を集める「あしたば」ですが,そもそもこれは伊豆七島原産の「野草」です。先日も書いたとおり,私は伊豆七島・神津島で小さい頃過ごしました。祖母も母も神津の人。で,あしたばなんかその辺に生えてるし(笑)。祖母が,あしたば摘むのについてったり,家で発送用に一つ一つ取り分けて,包装するの手伝ったりしたし。手が黄色くなる(あしたばを切るとねばっとした黄色い汁がでてくるんです)からイヤだったし(笑)。

こないだ故郷のうたを聴いて懐かしかったので,月曜日思わず帰り道に新宿駅でやっていた伊豆七島フェアを覗いてしまいました。で,病気で健康志向と料理ハートが高まっていた私は,廉価だったこともあり「あしたば」を購入。すごいことですよ,その辺で摘んでた,しかも嫌いだった野草を,お金出して買うんですから!

しかし,いざ食べようとなると困ったことが。

続きを読む "”奇跡の野菜”あしたば情報求む Part1"

| | コメント (4) | トラックバック (13)

”奇跡の野菜”あしたば情報求む Part2

長くなったので,Part2です。

簡単に言うと,Part1はあくぬきのために水にさらす時間を長くすると,どれくらいあしたばの栄養が流れちゃうんだろう?っていう疑問でした。

で,もしこれらが流れちゃうなら大変,ということなら,苦みを調理法でフォローせねば。

母のあしたばメニューといえば,先にあげたごまあえ,おひたし,卵とじ,お吸い物,みそ汁,天ぷら。天ぷらは結構いけますが,それ以外は私はどうも嫌いでした。今日,三杯酢で作ってみたおひたし(あくぬき長目)はそれほど悪くなかったですが。

で,第2の疑問。あしたばを美味しく食べられる調理法は?

続きを読む "”奇跡の野菜”あしたば情報求む Part2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

「美味しい」ということ

昨日、書棚にあって随分と開いていなかった本を手に取りました。
「言葉は今日でつづられた。」という青幻舎という出版社の京都モザイクというシリーズの7巻です。

パラパラと中原中也から、梶井基次郎ら詩人や文学者の言葉を眺めるうちに、今日とりわけ目に留まったのは「京、食する審美」という項でした。

「美の源泉は自然であり、美味の源泉もまた自然にある。」

北大路魯山人の言葉だそうです。さらに、解説によれば「食材を最も活き活きと目覚めさせる調理に誠心を尽くした。彼の調理場から出る廃棄物は極端に少なかったという。『冥利に尽きぬことはするな、全部生かしてもらいたいために材料が呼んでいるから、それを絶対に生かせ。この材料の声を聞け』。人として自然の中に在ることを自覚する。人として自らが授かった感覚への自信をもつ。それらの結実が、美しい味を生んだ。」とあります。

続きを読む "「美味しい」ということ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 3日 (日)

帰れぬ故郷の歌

”おいんげぇときちゃーれ
 おいんげぇときちゃーれ
 うんがすきだしかい
 みせたいだじぇー”

昨日なにげなくネットサーフィンしていたら出会った歌です。石野田奈津代ちゃん率いるkiccaの歌"おいんげぇときちゃーれ"。彼女は伊豆七島の神津島出身。この歌はその神津の言葉でかかれたものです。ここの言葉を知らない人が聴いたら(見たら)呪文のような意味の分かんなさですよね(笑)。

続きを読む "帰れぬ故郷の歌"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

写真変更

えーっと。写真を変えました。
って何の?って感じですが、このブログmixiから観て下さってくる方にしか分からないなんですが、トップのプロフィールページの写真を変えました。3枚アップしたので、よろしかったら観て下さい。

って、フツーに観て下さってる方には訳分かんないんで、ここにも3枚あげておきます。ちなみにテーマは「放浪」です(笑)。私らしさってことで。

最初の1枚はすでに公開済みのロンドンの写真。

London22_1


2枚目はアテネの写真。


Photo1


で、3枚目はクレタ島の写真。


Photo2


どれも、いったい何がどうロンドンで、アテネで、クレタ島なのか全然わからないですねー(笑)。そんな無国籍な感じの写真ばかり選んでみました。なんせ放浪、なんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「THE 有頂天ホテル」

初めて観ました。三谷幸喜作品。(って私、マイナーなのばかり観てないで、こういうメジャーな奴をまず押さえなよ、って感じですね・・・)

オフィシャルサイトのキャッチコピーを観ると

「当ホテルは愛と勇気と素敵な偶然をお届けします」

とあります。ストーリーはそんな感じです。大晦日の夜にあるホテルに集まったお客や従業員、侵入して勝手に仕事をしているコールガール、はてはアヒルが繰り広げる一夜のドタバタ劇。で、「みんな、好きなことやっちゃいなよ」みたいな、そんな勇気を与えるお話なんじゃないかと思います。

まず通常はエンドロールにくるキャストのクレジットが最初に来ます。で、「豪華だねー」となる(笑)。シーンの一つ一つは小ワザが効いていて、カメラワークなんかも工夫されているんだろうと思うんですよね。その辺、うまく出来ている。笑いながら全編観られる感じですね。
分かりやすくて象徴的なのは、ミュージシャンになる夢を諦めたベルボーイ(香取慎吾)が田舎に帰る前にギターとバンダナ、それに幸福を運んでくるというギターにつけてきた人形を送別会をしてくれた従業員仲間に分配するんですが、この3つのアイテムの流れ。幸福を運んでくる人形は「幸せを運んでくるんですって」というメッセージとともに、次々と人の手に渡り、結局最後はベルボーイの元に帰ってくるんですよ。他も、ギターは仲間が、バンダナはアヒル(笑)が運んでくるんですよ。で、また歌おう!となる。
他にも、夢を諦めたホテルマンも、今現状の仕事を立派にしている自分を受け入れていったり、汚職のバレた政治家もかっこわるいけど、次を目指してかっこ悪い自分を受け入れたり、みんながこれから前向きに生きていける感じがいいんじゃないでしょうか。
役者も一人一人いい演技、味出してる。

私が気に入ったのはコールガール(篠原涼子)ですね。頭の悪い彼女ですが、人に接する仕事をしている彼女には、ちゃんと人のことが見えているんですよ。感覚レベルなのかな。いいコールガール(笑)ですね。

まぁそんなところで非常にうまくできている映画なんですが、正直物足りないんだなー。好きな方には申し訳ないんだけど。「うまく出来ているけれど、他に良い映画はいくらでもある」って感じですかね。パワーに欠けるのかも。ソツがなさすぎるんですよね。

そんなわけで、私の中では星5つを満点とすると1.5から2つくらいでしょうか。





THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション


DVD

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション


販売元:東宝

発売日:2006/08/11

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休養

この週末は研究室の用事で河口湖に行く予定になっていたのですが、休養をとりたい、ということでキャンセルさせて頂いて、自宅休養としました。

まぁ、先日帯状疱疹っていうのを煩ったというのもあるし、なんとなく今ローテンションっていうのもあって。たまにはいいですよね。行くとまた無理しちゃうから、私は。

どうもなんとなく最近あれこれ噛み合ないんだなー。自分がちょっと自分じゃないっていうか、自分の言動に自分で違和感があったり。「私なんでこんなことを?」みたいなところもあって。やってることと、思ってることとがちぐはぐ。

静かに自宅で掃除でもしていましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »