« 電気を通す音楽と唄もの | トップページ | 板倉克行Night @新宿ピットイン »

2006年6月 5日 (月)

N響友の会Vol.5

昨日、日曜日はN響友の会でした。

[指揮] 渡邉一正
[ヴァイオリン] ルノー・カプソン
[曲目] ハチャトゥリヤン/バレエ組曲「ガイーヌ」(抜粋)
              メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 
              ラフマニノフ/交響的舞曲 作品45

これに+メンデルスゾーンの後に、アンコールでヴァイオリンのソロがありました。これも好きな曲。"Melody"(誰の曲だったかは忘れちゃいました・・・)。

なんだかヴァイオリンは素敵な楽器ですねぇ。若いヴァイオリニストがクネクネ弾いてましたが、とにかく音が素敵でした。うーん。これがストラヴィヴァリの音ですかー(←本当はあまり分かっていません)。妙に感動。
ハチャトゥリヤンとラフマニノフはオケの編成も大きくなんだか迫力。管楽器と打楽器が多いとパワーが違いますね。
さて。来週はバルトーク弦楽四重奏団です。イベント続き。

|

« 電気を通す音楽と唄もの | トップページ | 板倉克行Night @新宿ピットイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/2087830

この記事へのトラックバック一覧です: N響友の会Vol.5:

« 電気を通す音楽と唄もの | トップページ | 板倉克行Night @新宿ピットイン »