« 旅する病 | トップページ | 祝・10000HIT »

2006年6月28日 (水)

ゴージャスな病院でbaby誕生

26日深夜,高校時代の友人に2人目のベイビーが誕生しましたっ!おめでとう!!

で,行ってきました。早速病院にお見舞い。

なんだか赤ちゃんに感動。私が行った時点でまだ誕生から20時間くらいしかたっていなかった赤ちゃん。すごいですよね。長い長い人生の第1日目なんだー,って思ったらなんだか感動しました。

で,赤ちゃんの様子が色々楽しいやらかわいいやら。最初に見たのは。沢山の赤ちゃんの中に寝ているまだ名前もない彼女の姿。手足ちっちゃい。顔が赤ちゃん。思ったよりは肌の色は落ち着いていましたが,これですよ,赤ちゃん。babyishness*だぁ・・・かわいいなぁ。しかも隣の子が全身全霊で泣いてるのに,全然起きない(笑)。すすやすや寝ている。時々,びくって体が動くのに,それも単なる生理現象で本人はどこ吹く風で寝ている。抱っこもしましたが,とても軽い。そりゃぁそうかぁ。まだ3400gちょっとですものね。泣くとその小さな体を一生懸命(?)使って,真っ赤になって泣いているの。すごいなぁ。

で,それ以外にも色々面白いことが。

まず,今回のお見舞いのコンセプトは「赤ちゃんに会う」もさることながら「ゴージャス病院を見学する」でした。最近,産科の数が減っているというのは有名な話ですが,こんな業界も二極化?友人の入院している病院はちょーゴージャスです。ほんとホテルですよ,マジで。

入ると豪華な花の飾られたフロント。優雅にソファの置かれたロビー。お庭に出されたテーブルといす。まるでカフェ。私の行ったのは夜7時頃だったのですが,昼間はこのロビーでピアノの演奏なんかがあるそうです。

2階に上がると新生児室。で,その横にもくつろぎのスペース。大きめのプラズマテレビで海の映像が流れる癒しのスペース。中央にはまたしてもゴージャスな花。

友人の部屋に上がると病室っていうかホテルの部屋で,もちろん個室。ちょうど友だちは夕飯を食べ終わったところだったんですが,出産直後にしてなんとご飯はフルコース。なんでも分娩室はもっと豪華で,癒しの空間が演出されていたそうです・・・。他にエステやらなにやらかにやら,至れり尽くせりです。

病院は繁盛しているようで,「少子化って何のこと?」という勢いで,次々ベイビーが生まれていくらしい。うーん。産科も二極化ですか・・・。友人も一人目の出産をした病院では産科が無くなっていて,ここに来たそうですが,繁盛するところと消えていくところ,生命の誕生する産科でも市場化の波は恐ろしいものです・・・。でも,産後にエステっていいな(笑)。

で,最後にしみじみ。彼女は高校1年生の時からの友だちなんですが,まさかこんなゴージャスな病院で出産直後の彼女を見舞う日が来るなんて,生後間もない彼女のベイビーを抱っこする日が来るなんて,あのころは夢にも思いませんでした。しかも「子ども嫌い」を公言していた彼女なのに(笑)。あれからもう十余年の月日が流れ・・・。子どもだった私たちも,もう次の世代を産み育てる年齢になったんですね(私はまだまだだけどっ8(>_<)8)。こうして人って出会って,命はつながれて,生きていくんだな,なんて思ったらなんだかとても温かい気持ちになりました。

新しく生まれた赤ちゃん。みんなに愛されて,幸せに育っていきますように☆★☆

*babyishness : 赤ちゃんらしさ。その様子に知らず知らずのうちに周囲の大人,特に養育者が赤ちゃんに合わせた関わりを引き出されるものとして,赤ちゃんの側の持つ重要な要素と捉えられているものです。

|

« 旅する病 | トップページ | 祝・10000HIT »

コメント

すごーいゴージャスそうだ!!!
楽しみ!!!
今日、和美といってきます(あやぺんもかも)

素敵なところでかわいいベイビー産むなんてしあわせなことだよね
沢山愛情を注いであげたくなる♪

投稿: nono | 2006年6月28日 (水) 15時18分

>nono
一足先に行ってきたよ。
行ってきな,行ってきな。マジびびるから(笑)。ホントにホテルみたいでね。
かずちゃんもあそこで産んだらいいよー,ってススメといて。
うちらの場合まずは脱ゴマだからね,先は長いってことで・・・。

投稿: あき | 2006年6月28日 (水) 16時57分

おいー!

かずみにもペンにも勧めておいた。
一番あそこで生みたくなってたのは私だけど。相手いないのに。

そういえば昨日きいたけど、脱ゴマってホントー??
タクシー君ではないのー??(モモ談)

投稿: nono | 2006年6月29日 (木) 14時59分

>nono
そっかー。ペンもこれたんだー。二人はあそこで産もうって決意はしてなかったの??私なら旦那に「あそこがいい!」って言いはるかも。

脱ゴマ計画推進中だけど、タクシーくんではないって(笑)。でも、まだ推進中くらいだからどうなるか分かんないけど。今度あったら良い感じで話せると良いんだけどねー。ギャグになってて「あ、あれは無かったことに!」って言ってたら笑ってくれ。

投稿: あき | 2006年6月29日 (木) 23時42分

ぜひいい結果をお待ちしております!

ちなみにあやも行ったよ!
あやには、もとき氏の友人Y氏を紹介するようだ

私も何か探さねば(誰かだ)

投稿: nono | 2006年6月30日 (金) 12時26分

>nono

いい結果になるといいんだけどねぇ。去年ダメ続きだったから,あんまり期待感薄くてねぇ(笑)。

あや,紹介してもらうんだ!良かったじゃーん,まさか長野の人??

nonoも頑張れ!

投稿: あき | 2006年6月30日 (金) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/2412519

この記事へのトラックバック一覧です: ゴージャスな病院でbaby誕生:

» 赤ちゃんに最高の名前を贈る本 [姓名判断名づけ辞典]
個人的に赤ちゃんの名前を付けるのは非常に苦労する作業でしたが、大量の本を読んで最大公約数(つまり確率的に一番信頼をおけると思える)をうまく説明している1冊であると思います。 [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 (水) 23時22分

« 旅する病 | トップページ | 祝・10000HIT »