« ジャズ友の会vol.2 @491House | トップページ | ちゃんこと裏技大暴走 »

2006年5月28日 (日)

ラーメン屋さんでジャズライブ

金曜日はラーメン厨房むつ新(日比谷シティB2)さんに、「むつ新5thアニバーサリーコンサート」なるジャズライブを聴きに行きました。
出演は
  CONGOカルテット:金剛督(sax),林あけみ(pf),是安則克(b),ツノ犬(dr)
GWにも横浜エアジンに観に行った金剛先生のカルテットです。

色んな意味で面白かったですよ!

18時くらいに、というお話だったので、仕事が終わって内幸町へ。到着したのは18時20分ごろ。
初めて行ったラーメン屋さんですが、通路にオープンテラスのようにテーブルと椅子が沢山出されていて、すでに数名のオジサンサラリーマンたちが1杯始めて居ました。どこに座ろう?と思っていたら、奥に金剛先生と林先生が座っていらっしゃったので、ご挨拶。すると、「じゃぁ」と控えのスペースにお仲間として座らせて頂き、チャージも3分の1だけお支払いした程度。恐縮です。金剛先生はジャズ友の会の先輩のサックスのお師匠さんですが、今日は当のお弟子の先輩は欠席なので、私一人ちゃっかりお仲間に混ぜてもらった訳です。

控えのスペースでは、皆さんで曲を選曲されながらコードと主となるメロディーの入った譜面を並べていらっしゃいました。しかも後半の曲は「客の反応見て決めよう」ときわめて大雑把。いいですねー。
そのうちお仲間の方々も沢山集まってきたり、一般のお客様も増えて、私たちのお酒も進んで。19時過ぎにスーツにビシッと(トイレで)着替えた皆さんが演奏を開始。

私は後ろの方で見ていたのですが、なんだかふしぎーな光景です。
Mutsushin携帯しか持ってなくて見にくい写真しか無いのですが、奥のオレンジの部分が店内。ラーメン屋さんなのに素敵な絵や写真の飾られたオレンジの壁に間接照明、それをバックに黒のスーツでジャズが演奏される光景はまるでニューヨークのジャズクラブ?スーツは着慣れない、とちょっと照れていたツノ犬さんも、髪を後ろに縛って演奏する姿はかっこいいですねー。
しかし、その手前のお店の外壁には確かに「ラーメン厨房むつ新」。さらに、店外に出されたテーブルではオジサンたちが一升瓶で日本酒を飲み、まるでテレビに出てくる新橋の酔っぱらいサラリーマンのような姿でオヤジギャグを言っている。
このギャップがなんとも下世話で雑多で、私は結構好きです(笑)。

結局演奏された曲はオリジナル曲に、オジサンたちも知っているだろうポピュラーの楽曲。「この道」「涙そうそう」「リンゴ追分」などなど。アンコールは「夜空ノムコウ」でしたし。それとジャズのスタンダードでは"My favorit things"。先日のエアジンでもやっていましたが、サックスのソロすごいかっこいいなぁ。

そんな音楽と不思議なギャップを楽しむラーメンむつ新さんのライブ。またまた例のごとく打ち上げにも参加させて頂き、色々な方とお話をさせていただきました。楽しいですねー。新参者も温かく迎えて下さった金剛先生、林先生初めバンドの皆様、お弟子さん、お仲間の皆さんに感謝感謝です。

|

« ジャズ友の会vol.2 @491House | トップページ | ちゃんこと裏技大暴走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1972252

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン屋さんでジャズライブ:

» 六角家(本店) [夜景in東京]
東京近郊の夜景を集めたサイトです。また美味しかったラーメン屋さんも紹介しています。六角家は横浜家系ラーメンの代表的なお店ですよね。 [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 18時38分

« ジャズ友の会vol.2 @491House | トップページ | ちゃんこと裏技大暴走 »