« ちょっと変・・・ | トップページ | 雨の窓際 »

2006年5月17日 (水)

映画祭

本日,ヤフーを観ていたら,ちょっと読んでる方まで失笑してしまうニュース。

ダ・ヴィンチ」カンヌで失笑

うーん。スタッフを観て,全然期待していなかった「ダ・ヴィンチ・コード」で。カンヌに出ると言うことで,「ちょっとは面白みが?」とも思っていたのですが,やはりダメだったようです。

とはいえ,私はあまりカンヌは好きではありません。

なんというかな,年によってバラツキがあるんだよね。カンヌは。もちろん,良い映画も沢山受賞しているんだけど。なんか受賞作品の質とか,ジャンルとか,そういうのがまちまちで。それが良くもあり,悪くもある。そういうのがスタンスなんでしょうけど。色々な視点から上質な映画を観るチャンスにはなるかなぁ,と思います。「これ?」という映画でもカンヌに出たりすると日本にもすぐ入ってくるので(笑)

ただ,私としては同じ映画祭でもヴェネツァがある種の「カラー」が見える感じで好きですね。「父,帰る」「マグダレンの祈り」「HANA-BI」など,好きな映画が目白押し。どれも実直で。地味だけど,良いですよね。私,実直で地味で暗い単館でしか上映し得ないような(笑)映画好きなんで。

ベルリンも良いですが,金熊賞でも日本で公開されないのは何故だろう?売れなそうだから??

つらつらしてますが。そんなわけで,与太話でした。

父、帰る DVD 父、帰る

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/04/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ちょっと変・・・ | トップページ | 雨の窓際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1830318

この記事へのトラックバック一覧です: 映画祭:

» ダ・ヴィンチの性格から分析するモナ・リザの謎 [シカゴ発 映画の精神医学]
モナ・リザのモデルは誰だったのか? 美術界の長年の謎に、挑みます。ヒントは、ダ・ヴィンチの発明品と彼の「性格」です。天才ダ・ヴインチの性格はどのようなものだったのか? 驚くべき、モナ・リザの謎とは。 [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 10時52分

« ちょっと変・・・ | トップページ | 雨の窓際 »