« 「ピアニスト」 | トップページ | 「フルモンティ」 »

2006年4月19日 (水)

フライ、ダディ、フライ

 「絵に描いたような円満な家庭で幸せな生活を送っている鈴木一。そんな鈴木の生活が、ある日、あまりにも突然にガタガタと崩れ去った。愛娘が殴られて入院したのだ。病院に向かった鈴木に、加害者の高校生・石原と教頭は威圧的な態度を見せる。おまけにボクシング高校チャンプの石原にいなされてしまった鈴木に、娘は心を閉ざす。鈴木は刃物を隠し持って石原の高校に向かった……つもりが、そこは別の高校だった。在日高校生スンシンにノされるが、事情を知ったおちこぼれグループが、“石原と戦うベシ”と鈴木に協力を申し出る。スンシンの下、家族の絆を再生しようと、次の日から鈴木は会社を休んで猛特訓を始めた」

原作者の金城一紀氏が好きなのと、岡田君が好きだから観に行った作品です、

 面白かったですよ。青春映画なんでしょうけど、本当に若い人の青春映画なわけではなく、どこかもう少し年をとった人が描く青春映画。オジサンが主役の一人、というだけでなく随所に味があってその辺りは渋さを感じましたね。主人公のおじさんが灰とダイヤモンドの台詞を唱えているところとか。

ストーリーの中心はオジサンが特訓して娘の仇をうつってところなんですが、オジサンの頑張りで家族が再生していったり、スンシンの心が開いていったり、疲れた他のオジサンたちが元気になっていたり。いくつかの要素がテンポよく絡み合って進んでいく、ストーリの展開なんかが楽しんでみられつつ、話を面白くしてるあたりなのではないでしょうか?それに随所に小技が利いているから笑ってみられるし。その辺かなぁ。お薦めの映画ですね。

フライ,ダディ,フライ DVD フライ,ダディ,フライ

販売元:東映
発売日:2005/12/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「ピアニスト」 | トップページ | 「フルモンティ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1466599

この記事へのトラックバック一覧です: フライ、ダディ、フライ:

» 君が好きだから [DVD Check]
君が好きだから [続きを読む]

受信: 2006年5月 3日 (水) 23時20分

« 「ピアニスト」 | トップページ | 「フルモンティ」 »