« 「PLUTO」 | トップページ | 新文芸坐 »

2006年4月 5日 (水)

「東京大学のアルバート・アイラー」

昨日、仕事帰りにフラッと本屋によって思わず買いました。

副題は「東大ジャズ講義録」。

私この手の音楽関連の書籍って、生まれてこの方買ったことがないんですがね。
それでも今まで馴染みのジャンルっていつの間にかそれなりに歴史とか、この辺がメジャーラインとかなんとなく理解していて、特に読んでみたい、という欲求もなかったし。

小さい頃からなんとなく近くにあって、でもよく知らなかったのがジャズ、というジャンルでした。で、昨年くらいから、ちゃんと聴きたいな、なんて。たまたまBlue Note Tokyoに誘って頂くチャンスもあったし。そんな風に潜在的には思っている所に、たまたまであったのがこの本です。

正直、面白いですね。トークが軽快なのもありますが(笑)。東大でジャズかけながら講義、ってのをやってる側も楽しんでる感じだし(笑)。写真も映画も好きだけど、最初から本広げてうんちく勉強してきたタイプではないんで、原曲を知らずに本を読んでいる姿は自分の中ではかなりイレギュラーな感じですが(笑)。取扱説明書とかマニュアルとかまず読まない人だし。

読んでみて。まず、普通に読み物として面白い。で、出てくるアーティストとか順に聴いてくとなるほどと思える。ただ、出てくる古い音源はレコードだったりするんで、たぶんうちでは聴けないし、もしかしてそもそも手に入りずらいのもあるかも知れないんですが。そのアーティストについて知るだけでも面白いですよね。面白いと思うと勉強は好きだし、得意なんで(笑)たぶん、1月後くらいにはかなりハマって攻めてる気がします。

まぁ、そんなわけで、こういうのも面白いですね。

<>

東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編
Book 東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編

著者:菊地 成孔,大谷 能生

販売元:メディア総合研究所

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「PLUTO」 | トップページ | 新文芸坐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1285308

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京大学のアルバート・アイラー」:

« 「PLUTO」 | トップページ | 新文芸坐 »