« バラ酒 | トップページ | N響友の会 »

2006年4月14日 (金)

「リンダリンダリンダ」

「3人の女子高生が韓国人留学生を誘って,文化祭でブルーハーツをやる」

ストーリーを説明しちゃうと,それだけの映画です。好き嫌いで観る映画ですね。で,多分嫌いな人はそんなにいないんじゃないかな?大人数でビデオで観たけど,みんな楽しそうでした。

映画としてはバラバラしているし,テンポも良くない。でも,なんだか応援したくなるし,最後は爽やかに胸がじんとくる。って,これは映画効果ではなく,ブルーハーツ効果かもしれないけど(笑)。

主人公は誰なんだかよく分からないけど,多分ボーカルの韓国人のソンちゃんと,ギターの恵っていう女の子だと思います。

ソンちゃんは留学生で,日韓交流なんとかかんとか,っていう企画を文化祭で多分「やらされてる」のね。でも,実際には先生がみんな準備しちゃって主体的に関与させてくれないの。先生いい人顔して,本人を縛ってるんだよね。そんなソンちゃんがバンドに誘われていう「私,がんばってもいいですか?」っていうあたりは良いなぁ,と思いました。最後の方では,韓国語のソンちゃんと日本語の恵ちゃんで会話しているのに,心は通じてて,何故か会話がつながっていたり,そんな日韓交流の姿は印象的でした。

途中,恵ちゃんの夢の中で元カレがジミヘンよろしくアメリカ国歌をウィウィ弾いてたり,ピエールさんとか言ってピエール瀧が出てきたりっていうのはまったく意味不明だったけど(笑)なんだか笑えるからまあいっか,みたいな。そんなシーンがいっぱいあるバラバラした映画です。

全体に分かりやすい青春映画です。同じくらいの世代の子が観たら,それはそれでタイムリーだろうし,私みたいな20代後半(っていうか30目前・・・)以上のブルーハーツ世代にとっては懐かしさも手伝って,なんとなく心温まる映画でしょう。

リンダリンダリンダ DVD リンダリンダリンダ

販売元:バップ
発売日:2006/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リンダリンダ/僕はここに立っているよ Music リンダリンダ/僕はここに立っているよ

アーティスト:THE BLUE HEARTS
販売元:トライエム
発売日:2002/02/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« バラ酒 | トップページ | N響友の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1400461

この記事へのトラックバック一覧です: 「リンダリンダリンダ」:

» リンダリンダリンダ [ただのバカにはなりたくない - ブルーハーツやハイロウズを熱く語る]
やっとリンダリンダリンダをDVD借りて見ました^^ ブルーハーツとはあんまり関係ないっていうような話は聞いていたのでそこまで期待はしてなかったんですがとてもおもしろかった! [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 01時23分

» リンダ リンダ リンダ/山下敦弘 [文学な?ブログ]
私は学園もの映画が好きで、この映画もその一つになりました。僅かな学生生活の中で、そこでしか得られないことはたくさんあります。しかし、実際に学生の頃には時間が無限にあると感じていて、無駄な時間の浪費をしていたと懐かしく思います。 「リンダ リンダ リンダ」は、高校生の女の子が学園祭でバンドをやるまでの紆余曲折を描いた作品で、友だちとの微妙な関係、異性との恋愛、教師との関係など、瑞々しい感覚が繊細なタッチで表現されています。ボーカル役のペ・ドゥナを初め、前田亜季、香椎由宇、関根史織と、これからさら... [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 15時04分

« バラ酒 | トップページ | N響友の会 »