« 「トキワ荘の青春」 | トップページ | 「HANA-BI」 »

2006年4月19日 (水)

「バタフライ・キス」

なんだろう、ストーリーってない感じがするんだけど。雑誌とかにはミステリーっぽく紹介されてたりもしたようね気がするけど。そうすると映画で言おうとしていること見えなくなるきはします。ただとりあえず、どんどん、死体が増えていく、っていうか。これ以上言うともしこれから見る人がいたらヤダろうから深く突っ込まないどきます。

私の印象に非常に強く残ったのは、「愛されたい」という気持ちと、「罰せられたい」という気持ちの相克。そこには「愛してほしい」という気持ちと「それを望みうるはずがない」という罪悪感、あるいは「望んではいけない」という禁止、それゆえに「罰せられたい」のではないか?ということ。たまにこのような罪悪感からくる人間の不可解な行動、というものを映画の中で見かけますが、それを最も痛切に感じたのはこの映画です。痛々しい映画でした。最後の、青いシーンが印象深くて、心臓が痛くなるような映画でした。

音楽もヨカッタです。クランベリーズ・バンザイ。

バタフライ・キス DVD バタフライ・キス

販売元:キングレコード
発売日:2001/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「トキワ荘の青春」 | トップページ | 「HANA-BI」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1466572

この記事へのトラックバック一覧です: 「バタフライ・キス」:

» バタフライ・キス [Kaz.Log エイガ]
こちらの映画、個人的な感想ですが、『トレイン・スポッティング』 と並んで、イギリス映画の底力を見せつけられた〜って感じで、ワリと気に入ってる映画なんです。 監督には、文豪トマス・ハーディの原作を映画化した 『日陰のふたり』、『ウェルカム・トゥ・サラエボ』、『CODE 46』 のマイケル・ウィンターボトム。 主演に [http://blogs.yahoo.co.jp/jk..... [続きを読む]

受信: 2006年4月28日 (金) 20時52分

» 「バタフライ・キス」 [NUMB]
 バタフライ・キス 「バタフライ・キス」 ★★★★ Butterfly Kiss (1995年イギリス) 監督:マイケル・ウィンターボトム キャスト:アマンダ・プラマー、サスキア・リーヴス [続きを読む]

受信: 2006年5月 1日 (月) 08時44分

» 初キス [恋愛のすべて]
大人への階段、最初の一歩、それがキスですね。彼氏ができてから仲良くなってくると、そろそろかなあなんて期待して待ってるんですよね、女性って。私も最初はいつしてくれるのかあと楽しみにまってたものでした。 [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 10時59分

« 「トキワ荘の青春」 | トップページ | 「HANA-BI」 »