« 「東京大学のアルバート・アイラー」 | トップページ | 「ロスト・イン・トランスレーション」 »

2006年4月 5日 (水)

新文芸坐

新文芸坐。池袋のいわゆる名画座です。

最近ちょっとご無沙汰していて,日曜日に空中庭園とメゾン・ド・ヒミコ観に久々に行ったんですが,いいですね。映画もそうなんですが,映画館そのものがよい。

空気がいいんですよ。なんというか,映画好きの方々の集まる,静かな感じが。私のように一人客も多くて。

シネコンとかも別にいいんだけどさ。家の近所にもあって,夜遅くまでやってるし,便利なんだけど。とりあえず映画なんか普段観ないけど,デートだから来ちゃったみたいな,そんな感じのお客さんがアメリカンなポップコーン片手にワイワイ騒いじゃってる空気がなんともね。好きじゃない。

新文芸坐は,私みたいなおねーちゃん(って年でもなくなってきたけど)からおじさんまで,年齢がバラバラで,みんな熱心にチラシや,貼ってある次回作のポスター観たり,そんな静かな感じがいいですよ。2,3年くらい前は学生だったから,平日の昼間に行ったりしてみると,「この人達何してるんだろう?」っていうおじさん達が昼間っぱらから映画観てたりするわけです(笑)。そんな感じがなかなかよい。

新しいからきれいです。その辺は女性の一人客とか,名画座初心者にも入りやすい雰囲気。ただし,映画館は明治通りから一本入っているし,まわりは風俗店やらパチンコ店やら下世話な感じなんで,池袋界隈を歩いたことの無い方にはちょっと行きずらいかも(笑)

そして,魅力はなんといっても安さです(笑)。スクリーンは1つ。そこで昼間は1日2本を交互に上演していて,入れ替えないから勝手に2本立てて観られるようになっている。それで1500円はたまらないです。わりにちょっと前の映画を2本立てて上映している時もありますが,企画特集している時には,その企画を通じてやすく見られるように回数券もあったりして。

企画や映画のセレクトもバラエティに富んでいるので,定期的にサイトをチェックしたりして,行きたい映画のあたりをつけておくとよいですね。

この間は行ったときは日曜だったから,結構席が埋まってて,びっくりしましたね。若いおにーさん,おねーさんから,おじさん,おじいさんまで。こんな映画もおじいさん観ちゃうのね,とちょっと微笑ましい。こんな映画館がちゃんと残っていってほしいなぁ,なんて願うわけです。

|

« 「東京大学のアルバート・アイラー」 | トップページ | 「ロスト・イン・トランスレーション」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1287483

この記事へのトラックバック一覧です: 新文芸坐:

« 「東京大学のアルバート・アイラー」 | トップページ | 「ロスト・イン・トランスレーション」 »