« 「リンダリンダリンダ」 | トップページ | 桜散る前橋人形浄瑠璃 ー編集長と行く取材旅行シリーズー »

2006年4月15日 (土)

N響友の会

昨日は久々(昨年の秋以来です)に写真部N響友の会の日でした。何って、単に大学時代の写真部仲間でなんとなくできている会です。

昨日のプログラム。

指揮:シャルル・デュトワ
ピアノ:ピョートル・アンデルジェフスキ
ラヴェル/スペイン狂詩曲
モーツァルト/ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 *
シマノフスキ/交響曲 第4番(協奏交響曲)作品60 *
ラヴェル/バレエ音楽「ラ・ヴァルス」

全然詳しくない私でも名前を知ってるほどの有名人シャルル・デュトワです。先輩曰く、日本に来て「髪の毛が増えた(笑)」マエストロ。これに行ったのは先輩の一押しだったからですが、ピアニストも注目ということでした。

ラヴェル/スペイン狂詩曲。すごい良かったですねー。最初からやられました。すごくキレイでふわっと豊かな音がしていました。なんだか場面や物語が展開していくようなイメージの作りで、楽しめました。

2曲目。先輩はとてもとても良かった!と絶賛していたモーツァルト。すみません。ウトウトしてました。昨日あまり寝てなかったので開演前からヤバいとは思っていたのですが・・・。モーツァルト、うーん。アルファー波ですか。昔からあまりモーツァルトの良さが分かっていない私ですが、今年はモーツァルト・イヤーってことで一応張り切っていたつもりだったのですが。でも、ピアノがなんだか色のある音で綺麗でした。モーツァルトにはまた次回挑みたいと思います。

スマノフスキ。予習しようと思ったもう一人の先輩がCDが見つけられなかったほどマイナーで、「こんなのやるなんて定期公演ならでは」とのことでした。私は面白いなー、と思って聴いていました。オケとピアノの絡みがなんだか良かったですよ。

先輩に聴いてみた所、このピアニストの良さは「緩急」だそうです。要所要所聴かせる感じが良いとのこと。しかし、ピアノって不思議ですねー。叩けば同じ音出るんじゃ・・・と思うけど、それぞれ違う。昨年のN響でもピアノを聴いていますが、その時は芯が強くてしっかりしていてそこから広がっていくような鮮やかな音でしたが、今回はもっと柔らかいと言うか芯から色があるような音でした(←意味不明??)

最後のラヴェル。これも鮮やかでしたねー。ラヴェル好きかも(笑)。聴いた感想はこれがワルツ?みたいな。こんなんで踊れねーだろ、って突っ込みたくなるような終わり方で。終わってまたまた先輩に聴いてみた所、「あれは戦後にかかれたもので、古き良きヨーロッパの解体なんだよ」とのことでしたー。うーん。深い(??)。

そんなわけで、モーツァルトは寝ちゃったけど、再来週の定期公演にて再チャレンジすることにして(笑)、それ以外で盛りだくさんに楽しめた久々のN響友の会でした。

そんなわけで、4/29も再び先輩お薦め公演でN響友の会、行きたいと思います。次回は名曲ぞろいのラインナップです。

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
[曲目] シューベルト/交響曲 第7番 ロ短調 「未完成」
モーツァルト/交響曲 第39番 変ホ長調
モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調 「ジュピター」

|

« 「リンダリンダリンダ」 | トップページ | 桜散る前橋人形浄瑠璃 ー編集長と行く取材旅行シリーズー »

コメント

こんにちは。 楽しく読んでいます。

秋のN響を思い出しました。  純粋に心からコンサートホールで演奏を聞きたいなーと思ったのは久しぶりです。

映画 「ショーシャンクの空に」のワンシーンで、主人公が忍び込んだ放送室から刑務所中にクラシックを流して、受刑者達がしばし作業を止めて聞き入るシーンがありますが、僕はこの国のコーラン放送を止めて、モーツアルトを流したい気持ちです。 (そんなことをやったら、たぶん死刑です)

また皆で渋谷の丘で集まりたいもんですな。 

投稿: Morimoto | 2006年4月17日 (月) 04時26分

<Morimotoさん

Morimotoさんが抜けられて、3人になったN響友の会の様子、コメント頂きありがとうございます。秋には一緒に渋谷の丘でN響聴いていた方が、今やストイックなイスラムの国でコーランを聞いているとは、世の中分からないものですね・・・。なんだか窮屈そうな国の様子が伝わってくるようです。日本に帰ってきたらまた一緒に行きましょうね☆
最近、私はジャズにこってきたのでジャズ友の会もしたいと思っています。

「ショーシャンクの空に」、有名だけど観てないんですよねー。次に借りるDVDはそれでいこう。

投稿: あき | 2006年4月17日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1415726

この記事へのトラックバック一覧です: N響友の会:

« 「リンダリンダリンダ」 | トップページ | 桜散る前橋人形浄瑠璃 ー編集長と行く取材旅行シリーズー »