« 最初の「またね」と最後の「またね」 | トップページ | メール!メール! »

2006年3月 1日 (水)

マンパワー

やっと,初夏から手がけていた仕事が一つ終わりました。キャリア教育に関わるお仕事。

うーん。爽快!

千人近い子どもたちのデータを量的にも,質的にも分析したものをたった20分で発表するのはなかなか難しいことで。わかりやすく話そうとすると,その分情報量は減ってしまうので。複雑な現実を抽象化していったり単純化していくと,最初にあった何かがそぎ落とされていってしまうわけです。いったい,何をそぎ落としてよいのか?何を確実に伝えなければいけないのか?その基準に右往左往。

しかも聴衆は保護者,学校の先生,各分野専門家,企業の人々,行政の方々など本当に様々。全員に分かるように話すための構成と言葉を考えるだけでも,結構大変でした。でも,それだけ多くの人たちが関わってこのキャリア教育プロジェクトが成り立っているのだし,地域で子どもたちを育てていくためには,こうした多種の立場・分野の人たちが沢山必要なんだ,と思います。そして,その中で各領域,立場の人たちが共通に話せる言葉で話していくことはとても大切なことでもあるわけで。

終わって,懇親会。色々な方々とお話させていただきました。それぞれの立場・分野のことを聞かせて頂き,とても有意義なひと時。色々な意味で勉強になりました。こうした人たちに支えられて,少しでも多くの子どもたちが着実に育っていきますように。そして,そんな人たちが地域にもっと増えていきますように。

私も微力ながら,そんな一人としてこれからも頑張ろう!と思ったのでした。

|

« 最初の「またね」と最後の「またね」 | トップページ | メール!メール! »

コメント

お疲れ様でした。

今回の仕事は、きっと押す危難でしょうね。
実践と研究が兼ねてできるしごとは、
うらやましくも思います。

私も仕事場は、やっぱりエネルギーもらえるし、その分やる気も自然とおきるますが、このエネルギーは、どこから来るのかな?と不思議に思うほどです。

大仕事の後は、自然と今までの緊張が緩むもの。油断せず、ご自愛ください。

投稿: きゅういち | 2006年3月 2日 (木) 23時30分

大仕事、お疲れ様です。

研究と実践が両立できる仕事は、
いいですね。
きっと合ってらっしゃるのではと存じます。

私も仕事場では、どこからこのエネルギーは来るのかな?と思うほど、自分では想像できないエネルギーが出てきます。

そのあたりがこの仕事の醍醐味かもしれませんね。

大きな仕事の後は、それまで積み重ねて意識に上らない疲労がどっと出ると思います。
気を緩めずに、ご自愛ください。

投稿: きゅういち | 2006年3月 2日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/882138

この記事へのトラックバック一覧です: マンパワー:

« 最初の「またね」と最後の「またね」 | トップページ | メール!メール! »