« 青空 | トップページ | 夕陽 »

2006年3月17日 (金)

「県庁の星」

織田裕二演じるエリート県庁職員が,柴咲コウ演じる高校中退のスーパーマーケットのパート店員と出会い,ドタバタを繰り返しながら変わっていく,というストーリーです。

一言で言えば,ソツがなくて無難な映画です。よく出来てると思います。休日の昼下がり,リラックスして楽しみたい方にはお勧めですね。頭も心も使わないし。楽しく,安心して観れる映画です。「すごい良かった!心に残る映画」とは言わないでしょうけど,誰が見ても「つまんなかった」とか「何だったの?」とも言わない映画ですね。

エリート男性とキレイな庶民のお姉さんという設定や,最後にはちゃんと恋が始まるのも王道ですよね。ここで「オバちゃん」と出会うってのも人情味があって私的には面白いけど,よりエンターテイメント性を追求するならちょっと違うでしょう。それに,今の織田裕二の雰囲気ではないですよね。その王道をメインにしながら,良い味出してるキャラクターを脇で固めて,小技を効かせる感じですかね。

適度にバタバタして見せ場を用意しながら,ストーリーとしてはきちんとエンディングに向かって収束していって。最後のシーンもちゃんとオチもつけて。続編構想とか,シリーズ構想とかあるのかしら?なんとなく,先が観たくなるような終わり方で,キレイにまとまっていました。

まぁ,そんなわけで,まぁ,ファミリーで休日に観に行くとか,初めてのデートで観るには良い類い映画だと思いますよ(昔,教え子(=高校生)ではじめてのデートで”オールド・ボーイ”観に行った,という子が居ましたが。映画としてはすごく良いし,印象的だけど,昼下がりに高校生カップルが観る映画ではないです・・・)。

ところで,原作のマンガはどんな感じなのかしら?もう少し社会派だったり,ビジネスマンが読んで面白いようなマンガなのかしら?だとしたら,ちょっと映画の方は色合いが変わっているでしょう。エンターテイメントですよ,映画の方は。

|

« 青空 | トップページ | 夕陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4558/1066340

この記事へのトラックバック一覧です: 「県庁の星」:

« 青空 | トップページ | 夕陽 »